川崎工場の柿の実が色づきました

20140922kakinoki
今年の夏は、暑い日が続いた後で、集中豪雨などの天候不順もありましたが、朝晩すっかりと涼しくなり、秋の気配を感じています。工場の柿の木は10数個の実をつけていますが、実も大きくなり、黄色く色づき始めました。
吹く風も爽やかで、一年中で一番いい季節と思っているのは、私だけではないでしょう。
夏の疲れも出やすい頃でもあります。昼夜の寒暖の変化に気をつけ風邪などひかれませんように。

川崎工場で子猫に振り回された一日でした

cat20140908
写真をクリックして大きくしてご覧ください。草木の色に混じって子猫が2匹隠れています。鳴き声がないとまったく気づきません。
実は工場内の何トンもの材料がある材料置き場に、ここにはいない2匹が隠れていました。鳴き声がしたので分かりましたが、夕方には2匹を無事救出し、親猫の元に返しました。材料の下敷きになったりしたら危ないので、皆ホッとしました。
救出したお手柄の二人の指先には、子猫の噛みキズが。。9月9日の大捕り物でした。

京都で創立50周年の記念祝賀パーティーがありました

ShuugouwithSamba

川崎・広島・九州工場の皆さんとサンバチーム

当社は、日本で初めてBTA方式の深穴加工を行ってから、9月で創立50周年を迎えます。 8月30日(土)は、川崎、広島、九州の各工場が京都に集まり、ホテルオークラで50周年記念パーティーを行いました。祝賀会の後半では、ブラジル・サンバチームがサプライズ・ゲストとして登場。サンバの熱い踊りで場が一段と盛り上がりました。参加した皆様、またお手伝い頂きました皆様、大変にお疲れ様でした。

 

kinkakuShuugou

金閣寺にて

翌日の8月31日(日)は、雨が心配されましたが、薄曇りに晴れ間がのぞく、絶妙の観光日和となりました。2班に分かれて、京都の名所を見学してから、3方向へと帰途につきました。
金閣寺では、インドのNarendra Modi首相が来るのか、日印の多くのSPの警備が目立ちました。SPはカッコイイですね!

 

 

川床で食事

川床で食事

 

昼食は、川床でアユに舌鼓。おいしゅうございました!
涼しいというより、寒いくらいでした。

深穴明け加工方法

日本にBTA方式深穴明け加工が紹介されて50数年。その加工方法は、現在も当時と同じ以下の3種類に大別されます。射出成形機、中空成形機、食品加工機のシリンダーやスクリュー、クランクシャフトの給油用の孔、油圧制御のシリンダーやマニホールドブロック、ラリーカーのショックアブソーバーなど、BTA方式の深穴加工の用途は拡がっています。

深穴加工の中には、より歴史のあるガンドリル方式の穴明け加工があります。重切削や高精度の深穴加工の分野では、ハイスピードで作業能率の良いBTA方式の方が優れています。BTA方式機械の外観、能力、写真などは→コチラを見てください。

ソリッドボーリングヘッド

ソリッドボーリングヘッド

 ◆ソリッドボーリング加工

一般的な加工方法で、ムクの材料に穴明けする場合に使用されます。孔になる部分の材料は、全て切粉になります。図中では、ボーリングバーの内を通って排出される切粉を小さな短冊で表示しました。

 

 

トレパニングヘッド

トレパニングヘッド

◆トレパニング加工

材料に大径の穴を明ける場合に使用されます。孔の中心部分(芯材)を残して深穴加工をする専用のヘッドが使用されます。

 

 

カウンターヘッド

カウンターヘッド

◆カウンターボーリング加工

材料に既に穴が明いている、またはパイプ状の材料の穴拡げ加工に使用します。面粗度や精度が必要な場合にも用いられます。

夏の空とDE11型ディーゼル機関車

DE11_Diesel

車が川崎区扇町の線路に差しかかると、珍しく遮断器が下りていた。道路わきを見ると大型レンズを付けたカメラを三脚に据えて何かを待っている青年。気温は35℃を超えている。。。待っていると、ディーゼル機関車が道路を横切るかと思いきや、バックして戻って行きました。私も青年に負けずに1ショット撮影しました。
鉄道マニアでない私は、このディーゼル機関車は希少なものなのかと考えながら、運転して帰りました。ネットで探すと、色と形がDE11型ディーゼル機関車の様です。

どなたか、詳しい方がいたら教えてください。

九州工場から胡蝶蘭の便り

胡蝶蘭

胡蝶蘭

暑い日が続きますね。昨日は、気温が39度超えの所がたくさんあったようです。今日も熱中症にならない様に、暑さ対策をしていきましょう。今日は、九州工場で全国営業会議があります。

九州工場は、玄関を開けると胡蝶蘭が出迎えます。華やかな雰囲気で、一瞬暑さを忘れさせてくれました。

姫リンゴと思っていたのは梨でした

姫リンゴでなくて梨でした

姫リンゴでなくて梨でした

5月に紹介した、川崎工場の姫リンゴは、梨であることが判明しました。

裏側を虫に食われていたので、もいできました。直径5cmくらいですが、香りは大きな梨と同じです。昨年は、実が1個でしたが今年は2個の実が付きました。

花壇の方には、ひまわりを植えてあります。先週までの雨がちの日を乗り越えて、今週は夏の様な日差しを浴びてぐんぐん伸びています。

8月には、ひまわりの花いっぱいの花壇を紹介します。

それでは、暑い日が続きますが、元気を出していきましょう。

himawari201407
ひまわり畑