春3月は花盛り

3月に入って、温かい日が続いています。まだ景色は冬ですが、工業団地のあちらこちらで春の色が芽吹き始めました。当社川崎工場のまわりにも、梅、桃、スイセン、ローズマリーなどが咲いています。あとは桜を待つばかりですね。上段の花は小さなスイセンと思います。大きさは10cmほど。中断は大きなローズマリーの花ですが、完全に樹木化しています。切っても切っても伸びてきます。下段は、早咲きの種類の桜かと思いましたが、季節的に桃かと。。。
あまり花に詳しくないので、間違っていたらご指摘ください。花のおかげで、殺伐とした工業団地が明るくにぎやかになります。ビワの木も実をたくさんつけています。今年は、実の成る木も楽しみです。(^^)/


川崎工場は3月11日を営業日とし、振替で3月18日をお休みとします

今年は、時の過ぎるのが早いですね。昨日は啓蟄(けいつち)といって、温かくなり穴にこもっている虫が出てくる頃という二十四節気の一つです。梅も満開の頃となり、桜の開花が待たれます。
当社3月のカレンダーでは11日が休日となっていましたが、川崎工場のみですが、11日を出勤日、18日を振替休日といたします。
お間違えの無いよう、宜しくお願い致します。

MCナイロン製品の深孔加工もやっています

MCナイロンbokashiBTA方式の深孔加工では、一般的に金属への深穴加工が多いのですが、近年は、MCナイロンといった機械的強度と加工性に優れた樹脂材料への深穴加工も行っています。様々な樹脂製品が、工業部品として使われる様になっています。試作も承りますので、ぜひお声をかけてください。
また、様々な材料加工についてもご覧ください。⇒こちらです

Web会議 スピーカーフォンを導入しました

Skypeで会議する時に声が聞こえずらいので、IPEVO Web会議 スピーカーフォン X1-N6を導入しました。USBケーブルをパソコンにつなぐだけで、相手先の小さい音でもよく聞こえます。またノイズキャンセリングが機能していて話し声も、うまく相手側に聞こえるようです。これでビデオ会議が一歩ランクアップしました。見栄も数段アップしました。(笑)

浅野町工業団地に梅がほころんでいます

今日は、天気予報で寒くなると聞きましたが、陽があるので春の様に温かいです。当社川崎工場がある浅野町工業団地内の日当たりの良い所では、白やピンクの梅が咲き始めました。
花は、季節に敏感に反応しています。梅が咲けば、桜はまだかいな~となりますね。今日もご安全に!

日本晴れと美しい富士山

先週は、西日本の日本海沿岸が大雪で、当社の広島工場も朝から40センチの積雪でした。今週は、昨日今日と春を思わせる天気で急に春が来たように感じます。
昨日は、打合せがあり西日本へ行ってきました。晴れあがった空から美しい富士山が見えましたので、ワンショット。東側の雪は裾野に残っているのですが、西側は中腹から上にしか雪が残って無いのが分かります。美しいフジヤマをご堪能ください。それでは、今日もご安全に!

大雪に埋もれている広島工場

当社の広島工場からの報告です。広島工場がある三次市は、今朝から雪が降り積もり、現在積雪40センチです。天気予報では、これから更に60センチくらい積もるそうです。寒さが伝わってくる写真です。う~ブルブル !?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

 

トレパニング加工は、金属深孔明け加工のひとつです

トレパニング加工後の製品写真
左の写真は実際にトレパニング加工を行った後です。製品はアルミ製。深穴明けのサイズは、径が約300mm x 長さ約5Mのトレパン加工です。大きい径の深穴明け加工行う場合は、まずトレパニング加工で穴を明け、更にカウンター用のヘッドを使用して孔拡げを行います。両端から深孔加工(トンボ加工)をしているので、中央にツバができています。ツバの先端は鋭利なので、ケガをしない様に注意が必要です。

 

トレパニング加工は、トレパン加工とも呼ばれ、金属深孔明け加工のひとつです。芯材を残して金属のボーリング加工を行うことができるのが特徴です。深穴明け加工については、こちらを参照ください。

トレパニングヘッド

トレパニングヘッド
trepanning-tool

トレパニングヘッドに取り付けられた円周上に並んだチップが、負荷分散をしながら切削を行います。

写真はBotek社のトレパニングヘッドです。

初めて夏みかんが生りました

川崎工場の事務所前の大きな木に夏みかんが生っていました。初めて生ったと聞きましたが、高い所なので気が付かなかったのかもしれません。朝日に照らされた夏みかんは、食べてくださいと言わんばかりにオレンジ色に輝いていました。
どんなに寒くても季節は移り替わっています。梅の開花は宇都宮市まで終わっているそうです。
河津桜のポスターがJRの駅に張り出されているそうです。JRスキースキーのポスターが目を楽しませていましたが、一気に桜にかわるのが楽しみです。

偏芯加工ができるBTA方式深孔加工機械も設備されています

 BTA方式の深孔明け機械は、旋盤の様にワークを回転させて、その端面からカッターを装着したヘッドを送って行き、穴を掘っていくイメージです。この場合ヘッドは、固定しています。ヘッドを回転させる方式の深孔明け機械もあります。詳しくは、こちらのページを参照ください。
ガンドリルは、ワークを固定し切れ刃を送って行き、穴を掘っていきます。これと同じ様にワークが固定で、BTA方式のヘッドを回転しながら穴を掘っていく方式もあります。この場合は、偏芯した位置に径の大きな深穴を明けるのに適しています。写真は、左から右に深穴を明けています。右側に写っているバーは、穴が抜けた時のエンド側をしっかりと押さえてシールしています。
この偏芯加工ができる深孔加工機は、当社の川崎工場と九州工場に各1台設備されています。下の写真は、九州工場で加工した、大径の穴が偏芯で明いている製品です。誤作ではありませんので、念のため。。。。