投稿者「ブログ担当者川崎工場」のアーカイブ

10月27日~11月9日は読書週間です


明日10月27日~11月9日は2020年の読書週間です。
読書推進運動協議会のサイトには、募集した標語やポスターの結果が発表されています。
入選した野呂さんの標語は「ラストページまで駆け抜けて」です。さあ、この機会に本を読んでラストページに行ってみませんか!

今日から新聞週間です

今日10月15日~新聞週間です。
今年度の代表標語「危機のとき 確かな情報 頼れる新聞」がポスターに掲載されています。
毎日、テレビやネットから溢れるように情報が届けられ、ネットではデマや誤情報が飛び交う。
災害やコロナ禍の中でも、大事情報を正しく選択・認識するのに新聞が大事な情報源です。

2020年9月21日~30日は秋の全国交通安全運動です


2020年9月21日~30日は秋の全国交通安全運動です
ももいろクローバーZが交通安全広報大使です。
ポスターが目を引きます。運転には十分に気を付けましょう!
「ルールを守って交通安全」
「夕暮れ時、みんなを守る早めのライトと反射材‼」

重点
1.子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保
2.高齢運転者等の安全運転の励行
3.夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止
4.二輪車の交通事故防止

BTA加工とは・・ 偏芯加工・偏芯孔加工編

BTA方式の深孔明け機械は、旋盤の様にワークを回転させて、その端面からカッターを装着したヘッドを送って行き、穴を掘っていくイメージです。この場合ヘッドは、固定しています。ヘッドを回転させる方式の深孔明け機械もあります。詳しくは、こちらのページを参照ください。
ガンドリルは、ワークを固定し切れ刃を送って行き、穴を掘っていきます。これと同じ様にワークが固定で、BTA方式のヘッドを回転しながら穴を掘っていく方式もあります。この場合は、偏芯した位置に径の大きな深穴を明けるのに適しています。写真は、角型の異形の材料の端面から反対面に向けてΦ40×300mmの深穴を貫通ではなく止め穴で明けています。
この偏芯加工ができる深孔加工機は、当社の川崎工場と九州工場に各1台設備されています。下の写真は、九州工場で加工した、大径の穴が偏芯で明いている製品です。誤作ではありませんので、念のため。。。。 偏芯加工、偏芯孔加工、偏心深穴加工とも呼ばれています。


偏心穴加工は、左の穴明け方式の1番ヘッド回転方式です。製品が固定されていて、ヘッドが回転して深穴をあけます。ケガキ線でマーキングされた位置に深穴加工を施工します。

長尺の材料へのBTA加工(トンボ加工)


クロモリ鋼Φ60×約3Mの材料にφ44の通し穴。
両端からBTA加工(深孔明け加工)をしています。穴の中を流体が流れますので、わずかな段差は問題ありません。長尺物ですのでBTA加工中は振れ止めで中央を押さえています。
この製品の注文指示は、BTA加工後、両端の穴をセンターとして外周を決まった寸法へ加工する内外削加工でした。

トンボ加工とは、上図の様に、長尺材料の半分くらい迄深穴加工をした後、材料を反転して反対方向からも深穴加工をして深穴を貫通する方法です。当社のHPの加工能力の所で「両端から加工」の意味になります。上記図中でのL1というのは、旋盤荒加工(荒引き)の事です。

この場合、穴が重なる部分に微小な段差ができますので、水や油穴等に向きます。また、精細な加工を行う場合の下穴の用途としても使われます。さらに精細な穴を加工するには、カウンター用のヘッドを使って+0、-0.3mm の様な公差で穴を拡げて仕上げます。

カウンターヘッド

なぜト ン ボと言うのか諸説あるようですが、トンボが空中で急に反転する所から来たようです。歌舞伎の蜻蛉をきるという宙返り(とんぼ返り)からという説も。
トリビアですが、旋盤のバイトは(ドイツ語のノミ、英語の噛むという説も)の様に西洋の言葉では無いようです。

2020年9月1日で当社は設立56周年を迎えます

9月1日は当社の設立記念日です。今年で満56才です。
当日は朝の朝礼で永年勤続の表彰があります。
昨年の55周年では「100年企業を目指しましょう!」と方針がでました。
コロナ禍で困難な時期ですが、3工場がワンチームとなって乗越えましょう。