BTA」タグアーカイブ

BTA加工とは・・ 偏芯加工・偏芯孔加工編

BTA方式の深孔明け機械は、旋盤の様にワークを回転させて、その端面からカッターを装着したヘッドを送って行き、穴を掘っていくイメージです。この場合ヘッドは、固定しています。ヘッドを回転させる方式の深孔明け機械もあります。詳しくは、こちらのページを参照ください。
ガンドリルは、ワークを固定し切れ刃を送って行き、穴を掘っていきます。これと同じ様にワークが固定で、BTA方式のヘッドを回転しながら穴を掘っていく方式もあります。この場合は、偏芯した位置に径の大きな深穴を明けるのに適しています。写真は、角型の異形の材料の端面から反対面に向けてΦ40×300mmの深穴を貫通ではなく止め穴で明けています。
この偏芯加工ができる深孔加工機は、当社の川崎工場と九州工場に各1台設備されています。下の写真は、九州工場で加工した、大径の穴が偏芯で明いている製品です。誤作ではありませんので、念のため。。。。 偏芯加工、偏芯孔加工、偏心深穴加工とも呼ばれています。


偏心穴加工は、左の穴明け方式の1番ヘッド回転方式です。製品が固定されていて、ヘッドが回転して深穴をあけます。ケガキ線でマーキングされた位置に深穴加工を施工します。

アルミ長尺材のBTA施工

 アルミ材のBTA施工(下穴)の写真です。
孔径が300mmを超え、長さが約4Mです。
下穴ですのでトンボ加工ではなく、一方向からトレパニング加工しています。
両端からBTA施工するのをトンボ加工と言いますが、一方向からBTAを行うのをストレート加工と言います。
写真の左に置かれているのがトレパンで残った芯材です。芯材の写真奥側にヘッドが貫通する時にできるツバが残っているのが分ります。
この後でお客様指定の仕上がり寸法に再度BTA加工を行いました。

設立55周年記念行事を行いました

  浅草ビューホテルでの55周年記念パーティー

2019年9月21日、台風17号が日本列島に向かって移動中、当社九州工場・広島工場のみんなが飛行機で移動し、川崎工場を訪問。初めて川崎工場に来るメンバーが大半。あちらこちらで話が弾む!高級中華レストランでの昼食、スカイツリー見学を楽しんだ後、浅草ビューホテルへ移動した。

スカイツリーは天望デッキと天望回廊 (450m) を楽しみました。ホテルのパーティーでは長井秀和がサプライズゲストで登場、大いに盛り上がった。翌朝は浅草散策を楽しんでから、屋形船クルーズで東京湾に向け出港。おいしい料理とすっきりと晴れ上がった東京の水上景色を堪能しました。台風の九州上陸に備え、午後のスケジュールは全てキャンセルし、早々と新幹線の人に。全員が無事に帰宅できました。次は60周年を目指して、See you again!