ヒマワリ2017 from Fukushimaが咲きました

昨年はお休みしましたが、今年も福島の「福島ひまわり里親プロジェクト」に協賛し、種を購入して植えたものが、一斉に花を付け始めました。
川崎工場入口横の花壇でたくさんの笑顔が咲いています。茎はあまり太くなく小ぶりですが、しっかりと花が咲きました。
今年は、たくさんの種が取れると良いのですが。。。 敵はスズメだそうです。

2017年夏期休業のご連絡

この度の九州北部豪雨災害で被災されましたれ皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復旧をお祈りしております。

今年の三工場のお盆休みをお知らせいたします。新しい祭日である「山の日」に始まり、ちょうど旧盆が含まれ6連休となります。尚、5日(土)と19日(土)は、営業日となっております。

川崎駅前のさいか屋


川崎駅前の京急線高架のしたからさいか屋跡地を見た今朝の写真です。梅雨はまだあけていませんが、晴れあがった真っ青な空が大きかったのでパチリ! 三角形の右下には、一昨年5月まで百貨店のさいか屋がオープンしていましたが、今年の取り壊しで、その姿が見えなくなったのでした。バス停の名前「さいか屋前」は、残るのでしょうね。跡地の使われ方は、まだ決まってはいないようです。

社内報第5号(2017年6月30日発行)が完成しました


社内報第5号(2017年6月30日発行)が完成しました。今回も各工場から若手のホープの皆様から寄稿を頂きました。ボディビルダーの中途入社の方もいて、多彩な人材が紹介されています。
表紙の写真は、本年3月に川崎工場の社員旅行で撮影した「伊豆大島から昇る日の出」です。業績も、朝日の様に登り調子で行きたいですね。

下の写真は、今までの1~4号までの表紙を掲載しました。次号からは、表紙の写真を、社員の皆様方からスマホで撮ったものを投稿頂きます。どんな映像が集まるか楽しみです。次回発行は、12月25日の予定です。

BTA加工だけでなく外削・開先加工もやります


SFVCの配管継手素材にφ70のBTA貫通を施工しました。
汎用旋盤を使って、今回は、内外削と開先加工を承りました。また、開先加工は、簡単で難しいそうなんです。その様に加工担当者が言っておりました。((+_+))なんのこっちゃい。。。

無線LAN中継器を導入しました

 TP-LinkのAC750 無線LAN中継器RE200

川崎工場事務所の2階はWiFiが弱く、会議室用にTP-LinkのAC750 無線LAN中継器RE200を購入設置しました。
また、LANケーブルの口があり、無線LANが付いていないパソコンも有線でLAN接続できました。
ネットで回線速度を計ると10Mbps以上あり、かなり高速でのWiFi接続が可能になりました。
Skypeを使っても、もう映像や音声が切れることなく快適です。また、白くて見栄えが良いです。

親機は同じTP-LinkのArcherC55です。少し大きめですが、頼もしいです。

 TP-LinkのArcherC55

穴の内径寸法を測定するには(その2)


前回は、シリンダーゲージを使った穴径の測定方法について述べました。
今回は、三点式内側マイクロメータという測定器具を紹介します。
測定する穴径に合ったマイクロメータを使います。写真の物は、ミツトヨ製で穴径50~63mm用の内側マイクロメータです。
穴の明いた基準ブロックで0点を確認してから測定します。
ラチェットを効かせて穴径を数回計り、測定値を出します。測定には熟練が必要との事。
また、シンブルの数値は外測マイクロメータとは、反対向きになりますので注意が必要です。

明治安田生命川崎支社からエコキャップ貯金箱運動の感謝状をいただきました


川崎工場では、明治安田生命川崎支社が行っている「ペットボトルキャップの貯金箱運動」に協力しています。この度、明治安田生命川崎支社から感謝状をいただきました。
本年2月で回収したペットボトルキャップが74,390個。86.5人分のポリオワクチンになったそうです。

集めたキャプは、明治安田生命川崎支社が集め、開発途上国の子どもたちにワクチンを送っているNPO法人である「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に渡しています。

 

 

ワクチン・注射器等購入の費用をワクチン一人分で考えると・・・
・ポリオ(小児マヒ)  約20円→キャップ 400個
・BCG(結核)     約7円→キャップ 140個
・はしか        約95円→キャップ 1850個
・MMR(3種混合)  約114円→キャップ 2200個
・DPT(ジフテリア・百日咳・破傷風)約9円→キャップ 180個
【ユニセフ。サプライディビジョンによる概算】